ghost sits in the memory

湿板写真という、写真が発明された頃の古典技法を使ったシリーズ。
ガラスに塗布した薬品が乾く前に撮影から現像までを行うこの技法独特の生々しさに、
私はふとした瞬間に猛烈に蘇る記憶の生々しさを重ねました。

”風景、風、光、匂い、空気の湿り気。
そういったふとしたきっかけが、僕たちの記憶を誘拐し、一瞬にして懐かしいあの時に連れていってくれる。
おじいちゃんが海賊を夢見ていた少年時代の風の心地よさ、
お母さんが遠い国のお姫様だった頃の家の塀の高さ。
そんな記憶のカケラたちを、僕は”ghost”と呼ぶ。
とても優しくて愛おしい、大切なお化け。
会おうと思って会えるものではない。
それは思い出の中に潜んでいるものだから。”

This is a series with old wetplate collodion technique (ambrotype.)
I found the rawness of the wetplate could be similar to the rawness of the flashback kind of memory.

“scene, breeze, light, scent, humidity of the air...
all those “keys” kidnap our memory, and bring us to the good old days in a moment.
grateful breeze that grandpa used to feel when his dream was to become a pirate in his childhood,
or the height of the house wall mother used to see when she was a princess of a kingdom far far away.
I call those fragments of memories a “ghost.”
a ghost that is really gentle and precious.
we cannot see them intensionally.
because such a ghost sits in the memory...”

enter